003みんなで国際交流
  「縁日での遊び/Let’s enjoy Japanese good old festival」

日 時 2016年3月13日(日)午前10時30分~12時
会 場 青葉区区民交流センター  第2・3会議室
主 催 横浜市青葉国際交流ラウンジ

縁日のあそびで国際交流しました。入場すると子どもたちは「駄菓子のつかみどり」に殺到。おもいきりつかんで手がぬけなくなる子も、上品にひとつだけとる子もいて笑いました。「ベーゴマ」では、初めてなのにびっくりするくらい上達の早い子が!むかしとったきねづかとばかりに張り切ってあそぶおとな!など、「バルーンアート」と「折紙」はでは、じっくりと作り方を覚えようとする外国の方がいてとても人気でした。「スーパーボールすくい」では、少し肌寒いのに袖までぬらしながら夢中になっている子どもたち、「けんだま」では、先生を買って出る人がいたり、それをしのぐ子どもがいたりで大さわぎ、にぎやかな楽しさあふれる会場でした。
まつりばやし(日本の音楽とは思わなかったという外国の方も。)とともに、にぎやかに7カ国の人々との交流でした。(広めたかった坊主めくりはむずかしすぎたのか(?)不人気でした!)

日時:平成27年7月25日(土)18:00~20:00

場所:青葉区区民交流センター会議室#5

暑い夏の夕べに「セネガルナイト」を開催しました。

青葉区には、多くのセネガルからの留学生や日本企業で働く人が住んでいます。

その中の一人、IT企業で働く青年は、セネガルの素晴らしさを日本の人達に伝えたくて、このイベント開催を熱望し、多くのセネガルの仲間たちとともに協力してくれました。

みんなで国際交流

★開催日時 : 2015年7月5日(日)10:30~12:00
★開催場所 : 青葉区区民交流センター 第2,3会議室

「みんなで国際交流」~七夕まつりと盆踊りのイベントを開催しました。今回は外国の友人に、日本の文化を地元との方々と楽しんでいただくという事で、七夕飾りと浴衣を着て盆踊りを体験していただきました。浴衣の着付けには15名(大人12名、子供3名)の外国の方々が参加し体験していただきました。初体験の浴衣姿を、楽しそうに写真に収める様子があちこちで見られました。そして地元の方々やスタッフを交えて、総勢44名で「炭坑節」と「きよしのズンドコ節」の盆踊りを楽しみました。外国の方々も踊りの振りをすぐに覚えられて、2度3度とアンコールする程の盛況で大変好評でした。会場には浴衣を着て参加して下さった地元の方々も居られて、日本文化の香り漂う雰囲気中、水羊かんなどの日本のお菓子と飲み物で日本の文化を味わいながら、楽しそうな談笑の輪が出来ていました。あっという間に時間が過ぎ、なごり尽きない中イベント終了となりました。ご参加の皆様、ありがとうございました。

日時:2015年3月14日(土)午後2時~4時

講師:オクサーナ・ピスクノーワさん

25 名の参加者を迎えて、ロシア語のアルファベット文字の読み方、簡単な言葉や挨拶の仕方を学んだ。詳細はこちら

 

 

 

01

日 時 2013年9月15日(日)14:00~16:00
会 場 青葉区区民交流センター

講師 ワリード A. シアム パレスチナ大使

アメリカの大学を卒業後、パレスチナ外務省に入省し、北アメリカやワールドバンク担当等のディレクターを勤め、日本・アジア局長、日本・韓国地区総代表部代表に就任。 2003年に新しく設立された駐日パレスチナ常駐総代表部の代表として活躍中。

 


外国人のための日本文化紹介
  「日本の歌と遊び」     

Japanese Songs and Play

日 時: 2013年9月28日(土)14:00~16:00
青葉区区民交流センター 会議室2-3

フランス、コロンビア、アゼルバイジャン、中国の人たちが日本の懐かしい歌「うみ」「七つの子」「上を向いて歩こう」を キーボードに合わせてスタッフといっしょに歌い、日本伝統の楽器、琴の音を楽しみ、 日本独特の詩吟に耳をかたむけました。また、日本の昔の遊び、折り紙やあやとりや福笑いなどをスタッフが紹介指導しました。 都合により出席できなかった人たちもあり、集まった参加者は少人数でしたが、豆つかみ競争やジャンケン大会も開催して、 土曜の午後、参加者はアットホームな雰囲気のなかで日本の文化を楽しみました。

 

 

 

「教えてサンコンさん アフリカのこと にほんのこと」

2013年5月12日 青葉区役所4F会議室
ゲスト:オスマン サンコンさん

 

黄土色の民族衣装で現れたサンコンさんは窓の外を見ながら「青葉区は緑がとってもきれいですね。」とご挨拶。

来日当時のカルチャーショックで皆を笑わせ、アフリカ、ギニアの紹介になりました。赤道直下の国では子どもが

無事に育つのは大変。5才になるとお祝いするとか。大きくなるまでの友だち作り、けんかをしながら仲直り、年寄りを大事にして毎晩のように昔話を聞くのが大好き。そんな中で自分作り孝していく様子を面白いエピソードを交えて話はとまりません。会場からば日本語、英語、フランス語での質問もあり、アフリカを身近に感じる午後でした。